浮気調査から興信所情報までを集約したサイトのメインヘッダー

興信所や探偵事務所で依頼できる業務内容・概要をまとめました

さまざまな調査を依頼できる興信所や探偵事務所ですが、具体的にどのような案件を取り扱っているのでしょうか。今回は両者の違いに触れながら、それぞれの調査内容について詳しく解説しているので見ていきましょう!

興信所で取り扱っている業務をご紹介

興信所や探偵事務所は、人探しや事件・犯罪を主に取り扱っているイメージですが、その調査力で浮気や不倫調査を専門としている所もあります。
今回は興信所に焦点をあてて、依頼できる調査やその内容について詳しくご紹介してまいります。

 

興信所とは

興信所とは、探偵事務所との違いとは
興信所とは、個人や企業などに対して信用情報や所在、行動などを調査する会社のことを言います。

 

また、探偵事務所との違いについて疑問を持つ方も多いようですが、興信所との大きな違いはありません。
どちらに依頼するか迷った場合でも、興信所・探偵事務所の名前にはこだわらず、その会社の得意分野や料金体系が自分のニーズに合っているかどうかで選ぶようにしましょう。

 

興信所でできる調査内容

興信所でできる調査内容について、一つずつ解説していきます。
項目はたくさんありますが、興信所によって得意・不得意があります。

 

どこの興信所を選べば良いのか迷っている方はまず、自分が調査してほしい内容が得意分野かどうかをチェックすることで、ある程度絞り込めるのでおすすめです。

 

それでは、一つずつチェックしていきましょう。

 

浮気・素行の調査

浮気や素行の調査では、対象者の行動を調べて不貞行為の事実を確認するような内容です。
配偶者や交際相手などの浮気・不倫の証拠を集めて、不審な行動がないかどうか確認し、決定的な証拠集めに努めます。

 

浮気や素行調査は依頼内容の中でもとくに多く、得意分野としている興信所も多いです。

 

所在の調査

行方不明の方や失踪者など、人探しを行うための調査をする内容です。

 

対象者の現在の居場所や行動を特定したり、所在地の確認がおこなわれたりしています。
ですが、芸能人などプライバシーに関わることや道徳に反する依頼・調査は応じません

 

身元調査

対象者の経歴をはじめ、過去・現在の交友関係や社会的地位などを詳しく調査する内容です。
個人はもちろん、企業の採用前の人物調査取引先縁談相手の信頼性などを確認する際に利用されています。

 

信用の調査

対象者や企業の信用性、債務状況、経営状態、資産状況などを詳しく調査する内容です。
クレジットのチェックや資産、取引相手の信用確認なども行ってくれます。

 

盗聴・盗撮の調査

盗聴器や盗撮器が自宅や会社に設置されていないかどうか、調査する内容です。
それぞれ発見した場合は、そのまま撤去依頼をすることもできます。

 

いじめやいやがらせ・ストーカーの確認調査

いじめや嫌がらせ、ストーカー被害などの証拠を集める内容です。
その人(加害者)の行動や身元を調査する内容も含まれています。

 

お墓の調査

対象者のお墓の所在を調査する内容です。
お墓の場所が分からない場合に依頼されます。

 

その他トラブル

その他にも、近隣トラブル人間関係の問題について、内容を調査したり対策したりするような業務を行うこともあります。

 

興信所が入手可能な主なデータ

興信所は正当な理由で活用しましょう
興信所が入手可能な対象者の主なデータは以下のとおりです。

 

  • 名前 住所 生年月日 電話番号
  • 勤務先 年収 学歴 職歴 退職理由 収入 借金
  • 婚姻歴 離婚歴 家族構成 親族関係 性格
  • 犯罪歴 趣味嗜好 交友関係
  • いじめ セクハラ ギャンブル

 

個人の素行などを調べる身辺調査では、上記のような情報をさまざまな方法で調べます。

 

法に触れる恐れがあることや、探偵業法違反に該当するような調査は依頼できないので覚えておきましょう。
具体的には、差別調査(相手の出身が部落かどうかなど)や、DV被害者の所在犯罪に関わるような調査はできません。

 

興信所では、相手の個人情報を知ることも可能ですが「一目惚れをしたあの人の個人情報を知りたい」「相手をもっと知るために個人情報を聞き出したい」などの理由では、依頼が難しいです。
正当な理由がなければ調査の請負ができない可能性もあるので、注意しましょう。

 

また、今回紹介した8つは、一般的に知られている調査となります。
興信所によってはここで紹介した以外の依頼も受けているところもあるので、相談の際に聞いておきましょう。