浮気調査から興信所情報までを集約したサイトのメインヘッダー

浮気を立証するためには証拠集めが重要!なぜ必要なのかについて解説します

パートナーの不貞行為を疑うようになったときに、今後のためにもしておきたいことが「証拠集め」です。立証の必要性や裁判で提出できる身近なものについて具体的に説明していくので、ぜひ最後までご覧ください。

なぜ浮気の証拠集めが必要?

最近パートナーの行動に違和感がある、ぎこちないように感じるなど、これまでとは”何か違う”と思う場合、浮気や不倫を疑ってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、確固たる証拠が無い場合泣き寝入りするしかない、という場合もあるのです。
今回は浮気を裏付ける証拠が必要な理由や、証拠となりそうな身近なものについて詳しくご紹介してまいります。

 

浮気の証拠集めが重要な理由

浮気の立証に証拠が重要な理由
浮気の証拠集めが必要な理由は主に以下の3つです。

 

  1. 浮気を認めてもらうため
  2. 慰謝料を請求するため
  3. 不貞行為を理由に離婚したいため

 

パートナーが浮気をしていると分かっていても、証拠がなければ立証できません
最悪の場合、離婚すら認められないケースもあるため、確実に慰謝料を請求して離婚するためにも証拠集めが必要なのです

 

では、それぞれ詳しく解説していくのでチェックしていきましょう。

 

浮気を認めてもらうため

浮気を認めてもらうためには証拠集めが重要です。
相手に「浮気してるでしょ?」と直接聞いてもYesと答えるケースは稀でしょう。
なぜなら、夫婦の浮気や不貞行為は不法行為で慰謝料が請求できるためです。

 

法律上の不定定義は肉体関係を伴う浮気とされているため、これらを明らかにできるような証拠集めをしましょう。

 

浮気されていると知った瞬間はパニックになって、直接本人に問いただしてしまいそうになるかもしれません。
しかしその気持はグッと堪えて、不貞行為が明確になるような証拠集めをできるように切り替えてください。

 

慰謝料を請求するため

慰謝料請求書
浮気を訴えれば、慰謝料の請求が可能です。

 

しかし浮気を立証できる証拠がなければ、慰謝料を請求できないケースもあります。
どのくらいの期間浮気していたのか、回数はどの程度だったのかなどが慰謝料金額に影響するため、これらが分かるような証拠集めができるよう心がけましょう。

 

不貞行為の有無だけでも慰謝料の請求は可能ですが、例えば「浮気相手との間に子どもがいた」「かなり長期的に浮気を繰り返されていた」など、事実を知らなかったために損をする可能性もあります。

 

調査をするのであれば、徹底的に調べて正当な慰謝料請求をおこないましょう。

 

不貞行為を理由に離婚したいため

浮気=不貞行為として、離婚事由が認められています。

 

原則離婚は、夫婦どちらもの合意があって初めて成立しますが、離婚事由に当てはまることがあれば訴えることでどちらか一方の意思で離婚も可能です。

 

珍しくないケースでは、浮気相手と一緒になりたいために隠したまま別の理由で相手の方から「離婚したい」ということもあります。
この場合、浮気の証拠があれば慰謝料を請求できますし、自分のタイミングで離婚をする・しないを決めることも可能です。

 

浮気の証拠になるもの

浮気の証拠になるものとならないもの
浮気の証拠になる主なものは、以下のとおりです。

 

  • 写真や動画
  • LINEやSNSのやり取り
  • 録音データ
  • ホテル・飲食店などの領収書
  • 自認書や念書
  • 手紙・贈り物
  • 調査報告書

 

写真や動画は確実に性交渉しているような様子が写っていれば、証拠として取り扱いができます。
例えばホテルに入っていく写真や動画などは、肉体関係の疑いが大きいと判断される可能性が高いです。

 

「ただの知り合い」という言い訳ができないような関係を思わせる現場が撮影できれば、信頼度がアップします。
さらにLINEやSNSのやり取りも十分証拠として取り扱えますが、友人だと言い訳ができるような内容は証拠として不十分。

 

親密な関係が伺えるような内容であればあるほど、浮気の立証が可能です。
その他にも録音データや領収書、念書や贈り物なども、不貞行為を行った・その現場に行ったという証拠のひとつになります。

 

そして、慰謝料請求を有利に進めるために興信所に依頼し、調査報告書を作成してもらうこともおすすめです。

 

浮気の証拠にならないもの

浮気の証拠にならないものは、主に以下の4つです。

 

  • 他者の目撃情報
  • デート現場を実際に見た
  • 親しくしているだけの着信履歴やLINE・SNSの履歴
  • 二人で飲みに行ったことが分かるような写真

 

これらは、浮気相手と親しくしていることが分かるような内容ですが、浮気の証拠にはならない可能性が高いです。

 

しかし、目撃したときに写真や動画に収めておけば、証拠になったり組み合わせて浮気を証明できる材料になったりするので、無いよりは良い証拠になります。

 

無理せずプロに任せるのも一つの手

上記の理由から「絶対に離婚したい」「慰謝料を取りたい」等であれば、必ず証拠をおさえておくようにしましょう。興信所によって得意とする分野が異なるため、自分の目的に合っところを選ぶのがおすすめです。

 

ご自身で証拠を掴むことができればそれがベストですが、万が一バレてしまうと証拠が掴めない(警戒されてしまう)という可能性もあります。
セルフ調査が難しいと感じた場合は、無理せずプロに相談するようにしてください。